ベビーシッターに必要な資格

ベビーシッターになりたい!必要な資格とは?

共働きなどで、子供を保育施設などに預けたいと思っても、待機児童の多さから預けることができないという人にとって、助けとなるのが、ベビーシッターの存在ではないでしょうか。
ベビーシッターは、各家庭の考え方に合わせて、家族の代わりに、乳幼児のお世話をするお仕事です。
家庭ごとの方針に合わせて、柔軟に対応し、時には、生活のお世話のみならず、勉強などを教える家庭教師のような業務を行うこともあり、幅広い力を求められる保育の専門家でもあります。
保育士とは異なり、国家資格を取得しなければならないという決まりはなく、やる気さえあれば誰でもなることができる職業ですが、大切な子供を預かる仕事であり、責任感が大きい仕事であるため、民間の資格を得ることで、依頼者に安心してもらえるということもあります。
また、子育て経験のある人の場合、資格と同等の評価を得て、依頼を受けることもあります。
ベビーシッターの仕事を探す場合には、さまざまな方法がありますが、一般的には、派遣会社に登録するか、待機児童で悩む自治体が行っている求人に応募する方法があります。

ベビーシッターが持つ資格とは

共働きの家庭が多く幼稚園、保育園不足もあり待機児童が増えたことからベビーシッターの需要が高まりつつありますが、実際にベビーシッターになるためには公的な資格は必要はなく、専門学校や大学を出ていなくてもベビーシッターとして働くことができます。
しかし大事な子供を預ける相手にはやはり信用できるかどうかが保護者にとっても気になるところでしょう。
そこで専用の民間資格や子供の体調が悪くなったときに対応できるように看護士、保育士の免許などを持っておくと保護者から信用してもらいやすく就職先を探す際には有利になります。
専用の資格を習得するには二つ方法があり、一つは研修会を二つ受講した後認定試験に合格する方法です。
もう一つは指定されている保育士を養成する学校で在宅保育に関する科目の単位を得て卒業する方法があります。
一つ目に挙げた試験の難易度はそれほど高くありませんが合格後は五年ごとに更新をする必要があるので注意が必要です。

2016/8/10 更新